VJ010741 [170106]わ、わたしを縛りたい? ~僕と地味娘の秘密の関係~ [アパタイト]


Information : http://www.dlsite.com/pro/work/=/product_id/VJ010741.html
Tag: フェチ , 同級生/同僚 , 制服 , ボンデージ , 学校/学園 , SM , 緊縛 , 調教 , 変態 , 巨乳/爆乳 , むちむち

■ストーリー
放課後、教室で二人きり。
――その時まで、僕は彼女を意識した事は無かった。

「長津田君さぁ、ドSだって言われてたね」

昼休みに男子同士で、今後どんなセックスがしたいかという話題になって……
それぞれが憧れのプレイを話したのを彼女は聞いていたらしい。

「……私が……縛らせてあげるって言ったら?」

突然の出来事だった。
彼女――、相原結愛の肩は少し震えていた。
その震動が髪の先端にまで伝わっている。
あの透明な瞳は……冗談を言って人をからかうような輝きじゃなかった。

「相原は……縛られるのが好きなの?」

わけもわからず、あまりにも咄嗟の事で。
だからただ焦るばかりで。
でも、何かのチャンスだという事だけはわかっていた。
言葉を選んで、正しい選択肢を選べば、俺はきっと、彼女と――。
どこかで憧れていた征服欲を、声に変えて相原に投げかけた。

「――おい、俺に縛られたいのかって聞いてるんだ。答えろよ」

「…………っ!……し、縛られ、たい……です……」

困り顔で瞳を潤ませながら、相原は、俺に懇願を求めてきた。
その瞬間、俺の背中に電流のような感覚がゾクゾクと走った。
透明感に満ちた彼女の瞳は、いつのまにか淫惑な牝の瞳へと変わっていた事に気付いた――。

VJ010741.zip / 352.09MB (369197802Byte)
VJ010741-170107.zip (352.09 MB)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>